家を新築するお客様の不安を無くすために!

 お客様が安心できる 住宅評価制度あり!
 
施主様のかわりに現場に入り4回にわたり厳正にチェックする制度を スミレハウス が採用

公的に認定された第三者機関が 住宅の設計図面と4回にわたる現場立ち入り検査をして合格した家に公正な評価をだす制度があります。
 

家を新築するとき、大きな夢や希望が胸いっぱいに膨らむものですがそれと同時に
いろいろな不安や疑問も伴うものと思います。
たとえば、建築会社には10年間の瑕疵担保保証責任がある、といってもその会社が倒産したらどうなるのかとか、冬は寒くないだろうかとか、耐震性は?等いろいろ疑問や不安があると思います。
これらの疑問や不安をなくするためにスミレハウス(東アの新築部)では 第三者機関による 住宅性能表示制度瑕疵担保保証制度(10年以内に雨漏りや家屋の傾きなど基本構造部分の欠陥にたいする保証)という二つの制度を採用することにしましたので簡単にお話したいと思います。

住宅性能表示制度の概要
①評価の仕方について
国土交通大臣から指定された日本に約10ヶ所位ある、登録住宅性能評価機関に所属する評価員が検査します。 
第1段階は設計図面での検査、第2段階は現場に入って設計図面どおりに工事が行われているか、建築工程ごとに4回検査にはいり、そのたびごとにチェックしその上で評価します。

②評価項目
耐震等級 省エネルギー対策 耐火等級 維持管理対策等級 シックハウス対策等級など10項目にわたって 外見からでは判断できない建物を 専門知識がなくても理解しやすいように表示します。

③何にどのくらいの性能がほしいか お客様の希望がだせます。
たとえば 耐震等級とか防犯等級やシックハウス対策を お客様のご希望の等級に指定出来るばかりでなく、それを専門家がチェックしてくれます。

④万一のトラブルにも安心です。
この評価制度の利用者には 指定住宅紛争処理機関が迅速・公正に対応してくれるので、
安心です。

⑤ローンや保険料の割引も
建設住宅性能評価書の交付をうけた住宅は、民間金融機関や公共団体の住宅ローンの優遇や、地震に対する強さの程度に応じて地震保険料の割引などがあります。

⑥瑕疵担保保証制度
建築会社は新築した住宅に10年以内に発生した雨漏りや家屋の傾きなど基本構造部分の瑕疵(欠陥)を補修する義務があります。
そして建築会社が倒産した場合などでも補修資金に困らないように 建築会社がその住宅に保険をかけておく制度です。

トラックバック

この記事へのトラックバックURLは、
http://sumire-house.sakura.ne.jp/mtadmin/mt-tb.cgi/26
です。

 このページのTopへ